印度の歌とシタール

 

少しずつ夏に向かっていくころ 古典演奏します。
 
 
インドでも活躍するドゥルパドのすずきなおさんも歌います。
 
お相手はグレンさん。楽しみ。
 
 
ぜひぜひお越しください
 


◆2016 / 6 / 4 (Sat)

◆Open 18:00 / Start  19:00

◆場所 :
    ODC インドまるごと総合学校
    大阪府高槻市北昭和台14-21

◆料金 : 2500円 (要予約)

◆予約 : dhrupad@live.jp


◆ 出演者

すずきなお dhrupad vocal

’06年北インド最古の古典音楽ドゥルパド声楽家Pt. Ritwik Sanyalの歌に感銘を受け、’08年より師事。'16年、インドはベナレスにて毎年開催されるドゥルパド界最大級の音楽祭「ドゥルパド・メーラー」出演。ドゥルパド声楽の他、カタックやオリッシーダンスなど、インド古典舞踊の伴奏歌手も務める。現在はドゥルパドをライフワークとし、インドと日本を往復している。



中山智絵 sitar

2004年 日本でご縁あって南沢靖浩氏にシタールを師事。
その後インド、バラナシにて南沢氏の師であるDr. Shravani  Biswas氏に師事し、
”ガイキ アング アラープ スタイル  ( 声楽的スタイル) ”と”タントラカーリースタイル ( 器楽的スタイル) ” 両スタイルを取り入れたShravani独自の奏法を学ぶ。
 
 

グレンニービス tabla

1998年より打楽器タブラを学び始める。インドではウスタッド アントニー ダース、
パンディット イシュワラール ミシュラ、パンディット ラッチュ マハラージに師事。
音楽活動はオーストラリアのフェスティヴァルやコンサートの他、インド、オランダ、
デンマーク等、ワールドワイドに展開中。

0 コメント:

コメントを投稿