スワミジ癒しのフルート瞑想会のこと


今年の6月2日 Ammaの高弟スワミジの瞑想会がありました。
奇跡のような流れで、その瞑想会の始まりに演奏をする素晴らしい経験をいただきました。

場所は中之島公会堂。美しい装飾で彩られた部屋。
みんなでスワミジを出迎えました。
ありがたいことに私も前列にて、お花を渡させていただきました。

スワミジの足元に伏せご挨拶をさせていただいてから、
タブラのマツダユウスケくんと演奏でした。
演奏後にはスワミジより本と美しいマーラ(数珠)をいただきました。

それからスワミジのAmmaとの奇跡と愛に包まれているお話や、瞑想をなぜしたほうがいいのか?という貴重なお話を聞くことができました。

とても暖かで楽しい時間。

スワミジの美しいバーンスリーの音色と瞑想。



この瞑想会に参加させていただけたこと、スワミジにお会いできたとこ
全てのお導きと関わる方々へ心より感謝しています。
それは数ヶ月が経った今も。思い出すたびに、いつも。

スワミジにお渡しさせたいただいたお花はスタッフの方が用意してくださっていました。
私の演奏が決まったのは直前。たしか1日前とか。
スタッフの方々はたくさんの時間をかけてこの日のためにいろんな準備をされ、その素晴らしい心を形にされていらっしゃいます。
きっとスワミジへお花を渡したいと思っていた方はたくさんおられたと思います。
なのに私にお花を渡してね。と笑顔で言ってくれました。
私はその大きなお心に本当に本当に感動しました。

偉大なグルの元で奉仕をされている方、学ばれている方の美しい心を感じました。


瞑想会の翌日よりスワミジにいただいた本を毎日少しずつ読んでいました。
本からはバラのような香りがして、本を手に取るたびにその香りとともに意識がスッとチューニングされる感覚がします。

1週間ほど経って、読み終わりそうになったある日
夢にAmmaがいらっしゃってハグをしてくださいました。
言葉に収まらないほどの安心感と安らぎで目が覚めました。

あぁ、そっか。
日本にいてもどこにいてもAmmaはいつも一緒にいてくださってるんだな。


<日本MAセンター http://macenter.jp >

瞑想会の写真をシェアさせていただきます。
























0 コメント:

コメントを投稿